広告郵便に便利な圧着ハガキ!人気を集めている理由は?

サイトマップ
ダイレクトメール

広告郵便で圧着ハガキを利用するメリット

郵便受け

圧着ハガキには通常のハガキにはいくつかのメリットがありますが、中でも特筆すべきポイントが情報量の多さです。圧着ハガキは文字通り専用のニスを使って表面を閉じる形になります。これにより、通常の広告郵便よりも2~3倍の情報を掲載することができます。複数枚送付するよりもコストが抑えられる上に、1枚に収められていることで必要な情報をしっかりと伝えられるのもポイントです。
安全性の高さも魅力の一つです。圧着ハガキは一度接着をしてしまえば意図的に剥がさない限り中身を見る事はできないようになっているので、個人情報を始めとした重要な内容を他人に見られてしまう心配がありません。
そのほか、圧着ハガキには読み手の好奇心をくすぐる効果もあります。雑誌の袋とじと同様に、隠されている物の中身が気になるのは誰しもに共通する心理で、例え興味のない物であってもとりあえず開けて確認をするという人は少なくありません。見える範囲で思わせぶりな表現を用いて中身を明けさせることで読んでもらえる可能性が高くなります。
圧着ハガキに使用する専用のニスは個人でも購入することはできますが、接着面がズレてしまうと見栄えが悪くなって印象を悪くしかねません。こうしたミスをしないためにも作成は業者に依頼をすることが大切です。

機密性もアップする圧着ハガキのメリット

DMは書留のように信書では無いので、対面での受け渡しではなくポスト投函という形になります。こうしたポスト投函は家族を含め他の人が見てしまうというリスクがあるので、機密性という点では封筒を使った方が良い場面もありますが、封筒とハガキサイズのDMでは当然郵便料金も異なるので、コスト面を考慮すると難しい判断でもあるでしょう。ここでは広告郵便を頻繁に発送するという店舗経営者や企業の方におすすめしたい、機密性を保持したままハガキ料金でDMを送ることが出来る便利な圧着ハガキを見ていきましょう。
まず圧着ハガキとは、ハガキの面を貼り合わせたもので、ハガキサイズでありながらも面積が2倍3倍に増えるというメリットがあります。また圧着ハガキでは中身が開封されるまで見えないので、個人情報やプライバシーを守った状態で送ることが出来るというメリットもあります。電気料金やガス料金の請求ハガキもこうした個人情報保護の観点から圧着ハガキになっていることも多いですが、前述の通りコストもハガキ料金になるので、作成は業者に依頼したとしても、コストをカットしながらも、請求金額や会員情報など機密性を保持したままDMを発送出来るという仕組みになっています。

圧着ハガキのメリットは情報量の多さ

広告郵便でよく活用されている圧着ハガキは、通常のハガキと違い、大きめの紙を折り畳み、ぴったりと貼り付けています。専用の糊やニスを使い、簡単に剥がれないようにしているため、郵送する途中で広がる心配はありません。
この特徴は、より多くの情報を掲載したいときに役立ちます。普通のハガキの2~3倍くらい大きい紙を折り畳んでいるため、それだけ情報を入れるスペースも広くなり、サイズと同じように2~3倍の情報量をもたせることができるのです。
通常は両面を使うだけで一杯になってしまうため、たくさんの情報を掲載したいときは、少し困ってしまうことがあります。十分な情報を掲載できなければ、広告としての役割を果たすことができないので、そんなときはぜひ圧着ハガキを検討してみてください。スペースが広くなれば、普通のハガキには使えないような大きい広告を載せることも可能になります。
しかも、圧着ハガキにはめくりたくなる心理的な効果が期待できるため、たっぷり詰め込んだ情報を見てもらえる確率が高くなります。せっかくの情報も、目に触れなければ意味がなくなってしまいますが、圧着ハガキならしっかり宣伝できるのです。
こうしたメリットに注目し、圧着ハガキを利用するなら、作成は業者に依頼しましょう。

  • はがきとペン

    目立つ圧着ハガキを作成したいのなら

    ハガキを受け取った人が開けたくなるなるような広告郵便を作りたいと思ったときは、圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。圧着ハガキは、二つ折りや三つ折りにすることで、印刷できる面積を増やし掲載…

    more
  • 封筒

    圧着ハガキを使った広告郵便を作成したい時は

    開封率の高い広告郵便を作成したい、そんな時は圧着ハガキの活用を考えておくと良いでしょう。ハサミなどの道具を使うことなく、簡単に手で開くことができる圧着ハガキは開封率の高さで人気となっています。圧…

    more
TOP